リンゴ酢のきほん|リンゴ酢とは?特徴を生かしたおすすめレシピ3選

昨今のブームを受け、健康や美容を意識してリンゴ酢をとられている方も多いのではないでしょうか。リンゴが主原料の「リンゴ酢」は、フルーティーでほのかな甘みを感じられるためドリンクにもぴったりです。 ここでは、リンゴ酢の特徴やほかのお酢との違い、リンゴ酢の特徴を生かしたレシピをご紹介します。

リンゴ酢のきほん①:リンゴ酢とは?

リンゴ酢は主原料が「リンゴ」のお酢のことです。日本農林規格(JAS規格)によるとリンゴ酢は「リンゴの搾汁が果実酢 1リットルにつき300g以上のもの」と定義されています。市販されているリンゴ酢は一般的に、リンゴの搾汁をアルコール発酵させたものに酢酸菌を加えて酢酸発酵させ、熟成、ろ過、殺菌などの工程を経て作られています。


農林水産省 日本農林規格(JAS0801)

リンゴ酢のきほん②:特徴〜ほかのお酢とどう違う?〜

リンゴ酢の味や風味にはどんな特徴があるのでしょうか。穀物酢や米酢など、ほかのお酢との違いについてもご紹介します。

リンゴ酢の特徴1:フルーティーな香り
リンゴが主原料のリンゴ酢の特徴の一つは「フルーティー」であること。料理の調味料としてだけでなく、ドリンクやスイーツに酸味をプラスしたいときにピッタリです。

リンゴ酢の特徴2:さわやかな酸味とほのかな甘み
しっかりと「さわやかな酸味」の中にも、リンゴの「ほのかな甘み」が感じられるのも特徴です。サラダやマリネ、ピクルスなどフレッシュな料理におすすめです。

穀物酢・米酢とリンゴ酢はどう違う?

最も大きな違いは原料。リンゴ酢はリンゴが主原料に対して、穀物酢は麦や米、とうもろこしなどの穀類を主原料に作られています。

穀物酢はクセが少なく、酸味が比較的強いのが特徴で、酢の物や南蛮漬け、酢豚などお酢の酸味を効かせたいときにはピッタリです。米酢は甘みがあり、酸味がまろやかなのが特徴で、酢飯はもちろん、煮物や炒め物の隠し味としても活躍してくれます。

リンゴ酢がドリンクやスイーツなどにも合うのに対して、穀物酢や米酢は料理の調味料としてその特徴を発揮することも違いといえます。

もちろん、リンゴ酢はサラダやピクルスなどの料理とも相性がいいので、料理によってお酢を使い分けて酸味や風味の違いを楽しんでみてはいかがでしょうか。

リンゴ酢の特徴✕おすすめの調理法✕リンゴ酢レシピ

①.リンゴ酢の「フルーティーな香り」を生かす:サラダ

フルーティーな香りを生かすには火を入れずにフレッシュなメニューで楽しむのが一番。

きゅうりドレッシングの冷しゃぶサラダ
リンゴ酢できゅうりの青臭さが和らぐ!緑色が美しいさわやかドレッシングのボリュームサラダ

【材料(2人分)】
・豚ロース薄切り肉(しゃぶしゃぶ用)……150g
・水菜……大1株(40g)
・貝割れ菜……1/2パック(25g)

<きゅうりドレッシング>
・きゅうり……1/2本(50g)
・リンゴ酢……大さじ1(15g)
・オリーブ油……小さじ1 (4g)
・しょうがチューブ……小さじ1/2 (2g)
・塩……小さじ1/4 (1.5g)
・こしょう……少々

【作り方】
(1)きゅうりをおろし金ですりおろしたら、ドレッシングの他の材料を混ぜます。
※オリーブ油を最後に加えると混ざりやすくなります。

(2)水菜は4cmの長さに、貝割れ菜は根元を切ります。水菜と貝割れ菜は器に盛っておきます。

(3)鍋に湯を沸かし、豚肉を広げるように入れたら火を止めて余熱で火を通します。
※火の通りが心配な場合は、沸々としてから止めます。

(4)豚肉の色が変わったら、ざるにあげて水けをきって粗熱をとります。(2)の上に豚肉をのせ、食べる直前にきゅうりドレッシングをかけて出来上がりです。

【栄養価(1人分)】
エネルギー…218kcal
たんぱく質…15.4g
脂質…16.5g
炭水化物…2.6g
食物繊維…1.1g
食塩相当量…0.9g

②リンゴ酢の「さわやかな酸味とほのかな甘み」を生かす:ドリンク

さわやかな酸味をドリンクで楽しめるのも果実酢ならでは。

マンゴーティー酢カッシュ
マンゴーの濃厚な甘さとリンゴ酢のさわやかな酸味がベストマッチ。炭酸水でスッキリドリンク

【材料(1人分)】
・冷凍マンゴー(ダイスカット)……60g
・アイスティー(無糖)……150ml ※濃い目がおすすめです。
・リンゴ酢……小さじ2(10g)
・強炭酸水……100ml

【作り方】
冷凍マンゴーをグラスに入れ、アイスティー、リンゴ酢を加えてかるく混ぜ合わせたら、炭酸水を注いで出来上がりです。

【栄養価(1人分)】
エネルギー…46kcal
たんぱく質…0.5g
脂質…0.1g
炭水化物…10.5g
食物繊維…0.8g
食塩相当量…0.0g

③リンゴ酢の「さわやかな酸味とほのか甘み」を生かす:スイーツ

ほのかに甘みを感じるリンゴ酢だから、スイーツにもピッタリ。

レアチーズ風ケーキ
ヨーグルト×リンゴ酢の酸味で、甘さ引き立つ!カロリー控えめチーズケーキ

【材料(5号(直径15cm)ケーキ型1台分・6人分)】
・クリームチーズ……200g
・ギリシャヨーグルト(砂糖不使用)……200g
・砂糖……60g
・リンゴ酢……20ml
・粉ゼラチン…小さじ1(3g)
・水(ゼラチン用)……大さじ1(15g)
・お好みのジャム(ブルーベリーなどお好みで)……大さじ2 (42g) 

・全粒粉入りビスケット……40g
・バター……25g 

【作り方】
(1)クリームチーズは室温で戻すか、耐熱皿にのせ、ラップはせずに電子レンジ(600W)で30秒ほど加熱してやわらかくします。

(2)ビスケットを厚めのポリ袋に入れてめん棒で細かく砕くか、ミルサーやフードプロセッサーで粉砕します。

(3)電子レンジ(600W)で約20秒ほど加熱して溶かしたバターを(2)に加えて全体になじませ、ケーキ型に均等に敷き詰めて冷蔵庫で休ませておきます。

(4) (1)をボウルに入れて泡だて器で混ぜ、ヨーグルト、砂糖、リンゴ酢の順でなめらかになるまで混ぜ合わせます。

(5)耐熱容器に水(ゼラチン用)を入れ、粉ゼラチンを振り入れ、電子レンジ(600W)で30秒加熱し溶かしたら(4)に加えて混ぜ合わせます。

(6) (3)の上に(5)を流し入れて、冷蔵庫で冷やし固めます。固まったら型から取り出し、人数分にカットしたら器に盛り、お好みでジャムをトッピングします。

※ケーキ型がない場合は、バットや保存容器にラップを敷くかたちでも作れます。
※ケーキ型は底が外れるもの、フッ素樹脂加工が施されているものがおすすめです。

【栄養価(1人分・1/6カット)】
エネルギー…249kcal
たんぱく質…7.1g
脂質…16.7g
炭水化物…20.4g
食物繊維…0.5g
食塩相当量…0.4g

※栄養価は文部科学省/日本食品標準成分表(八訂)増補2023年より算出

おすすめ記事